会社案内

HOME» 会社案内 »社長メッセージ

会社案内

社長メッセージ


サ高住 銀木犀の役割と代表の考え 
 


サービス付き高齢者向け住宅 銀木犀の役割について代表の考えを記述したい。

平成24年度の介護報酬・診療報酬の同時改定が「地域包括ケアシステム」構築に向けてのスタートとなり、望む地域に望む住環境で住み続けられる体制をどのように整備していくかが課題となる時代となった。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス」やサービス付き高齢者向け住宅など今後、目玉となる新しいサービス形態も登場し、まさに「その人が望む個別ニーズに対応する住環境整備」はケアシステムの未来像といえる象徴だ。

当社では一昨年より千葉県鎌ヶ谷市においてサービス付き高齢者向け住宅(以下 サ高住)の運営を行っており、認知症対応型小規模住宅グループホーム銀木犀<川崎>に続き、医療対応型サ高住の開設を行った。

地域包括ケアシステムの中でも自宅やサ高住などの居住系向けサービスは中心に位置付けられており、その人らしい生活を送る事ができる住まいを中心に要介護状態になっても、どんな疾病を抱えていても、住み慣れた地域で介護・医療が適切に受けられるような体制整備が今まさに急ピッチで進められているのだ。あくまでも住み慣れた地域にである。

当社が開設を行った、医療対応型サ高住 銀木犀<市川>も同意義、同形態だ。

銀木犀の行動指針に「たとえからだに不自由があり不具合を抱えていてもその人自身が日々穏やかな生活を感じることができるような ささえる医療 を提供する」とあるが、今はまだお元気で医療的ケアの必要ない方が、もし万が一、医療的対応が求められることになっても、退居せざるを得ない状況を絶対に作らないという堅い意思で指針したものだ。

一次医療は地域の在宅療養支援診療所に委ね、二次医療は入院設備のある中小の病院、そして三次医療は高度医療の大手病院。こうした合理的な医療体制をとっくに整える必要のあったわが国は医療のフリーアクセス見直しを含めた抜本的社会保障制度改革が求められている。

私は、高齢者医療は変革のときを迎えていると考えている。また、介護側の受け止め方についても、変革を求められている時代であると認識し行動を始めている。高齢者の延命治療に関しても、様々な方法がある中で、介護事業者が責任を問われないためだけ、効率化だけを重視した今までの常識ルールを健全に否定し、社会全体を考え本質をとらえた行動を最も尊重したい。

問題は延命治療に白黒はっきりさせることにあらず、本人の意思、家族との理性的な議論を軸に、どうしてあげることが一番良いのか自らの良心に従い共に考え悩み行動していきたい。

先日も銀木犀<鎌ヶ谷>では開設1年半年にして7名の方の看取り援助を行った。すべての方に共通していたのは延命治療を行わずに自然な老衰死を望んでいたことだ。

我々は、適切な医療・看護・介護体制を整わせること以外は文字通り「何もしない」体制を整え、老衰に対して何もしないことが免責される概念のもと看取り援助を行った。あくまでもご本人、ご家族の意志のもとである。銀木犀で最期のときを迎えられて本当によかったとご家族からお言葉を頂く事に誇りを感じている。 

 

2014/04/22